スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース
梅垣織物 スペース
梅垣織物 会社案内 商品紹介 こばなし お問合せ リンク集 スペース
梅垣織物 スペース

facebook


UMEGAKIORIMONO
online

ときどき日記

《 バックナンバー 》
西陣について

帯の素材

製作の行程

織物組織(綜絖)

織物組織(他)

着物(友禅)

和装産業について 一

和装産業について 二

和装産業について 三

消費者の立場 一

消費者の立場 二

(5)


展覧会やイベント 一

(9)


展覧会やイベント 二

(0)


その他のこばなし

その他のこばなし

その他のこばなし

その他のこばなし

その他のこばなし

その他のこばなし

(9)



《 年 別 》














《 アジア大会 》
[Vol.134/2018年09月]

2018年8月18日から9月2日までインドネシアにおいて第18回アジア大会が開催されました。41競技、465種目が実施され、日本選手団は金メダル75、銀メダル56、銅メダル74の合計205のメダルを獲得し、入賞も136と素晴らしい活躍を見せてくれました。 メダル数も中国には及ばなかったものの第2位となり、東京オリンピックに向けた各種目の強化が表れた結果となりました。

アジア大会の競技にはオリンピックに含まれないものもあり一概には言えないかもしれませんが、このような素晴らしい結果を出せたのはやはり東京オリンピックを見据えた中長期的な選手の育成があると思われます。また、スポーツ全体において幼少期からの育成、それを可能にする社会のスポーツに対するスタンスがあるように思われます。 昭和の時代においてスポーツといえば中学、高校のクラブ活動に始まり、20代半ばに経験、技術共に円熟期を迎えるというのが一般的でした。また、ほとんどの競技がアマチアだけであり、プロを見据えたスポーツはほんの一握りでした。それが平成に入りサッカーをはじめ様々な競技においてプロ化され、それに伴う育成が幼少期から始まるようになり、10代後半には世界水準のレベルに達する人材が多くの競技で排出するようになりました。

今回のアジア大会でMVPを獲得した池江恵理子選手に代表される競泳競技も昭和の時代では世界水準に遠く及ばず、限られた種目でまさに天才的な選手が出現するのを期待するのみでした。また、陸上短距離なども世界レベルとは言えなかったのに、400メートルリレーでオリンピックメダルを獲得するまでになりました。 短期的な成果を求めず、基本をしっかりと身に着けることで実力を高め、中長期的な視野で計画し確実に実行してゆくことが結果に繋がったのだと思います。 商売も同じことが言えるのではないでしょうか。 「敵を知り、己を知れば百戦して危うからず」つまり目の前の環境を把握し、長期計画の元に自らの実力を高めることしかないのです。

和装業界はこのお盆明け、商売を取り巻く環境は非常に厳しいものになってきました。しかし、焦らずしっかりと腰を下ろした対応で臨むしかないと思います。そうすればいつの日か入賞やメダルも望めると信じます。

後になりましたが、台風21号に加えて「平成30年北海道胆振東部地震」で甚大な被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
台風そして地震の爪跡があまりにも大きすぎて驚いています。
関西経済へのダメージであったり、この台風によりもたらされた各地域の被害損傷、それに加えて「平成30年北海道胆振東部地震」など想定外の異常気象により国難が増しているように思われます。このような自然災害に対して何もできず憤りを感じますが、これからの若い世代に希望が持てる対策ができる事を切に願います。